ドアチェーンとドアガード

最初の記事では鍵と同じような役割を持っているドアチェーンとドアガードについて紹介したいと思う。

ドアチェーン・ドアガードというのは外出中ではなく在宅の時に使い物である。来訪者があった際にドアを完全に開けることなく確認するためのものである。
また、睡眠中に使用しておくことで防犯性を高めることができる。

ドアチェーンは古い建物にもついている定番のドア部品である。簡単なつくりになっており、一昔前まではだいたいすべてがこのタイプのものであった。
製品寿命が長く、よほどのことがない限り壊れることはない。

ドアガードはドアチェーンにかわって増えてきた製品である。使用するときにはぱたんと倒すだけなので簡単である。
しかし、トラブルの多い製品であることは確かだ。
使用しているうちに部品が摩耗してきてしまい、ドアをバタンと閉めるとその勢いでドアガードも一緒に倒れてしまうことがあるのだ。帰ってきた時に入れなくなってしまう。
このようなドアガードのインロックはよく起こるトラブルである。

ドアチェーンに比べるとこのようなトラブルが多いため、部品が緩んだりしてきたら定期的なメンテナンスをする必要がある。
最近のマンションや戸建てはほとんどがドアガードになってきているのでちょっとでも感触が柔らかくなっていたらすぐに修理をお願いしよう。